春夏秋冬 ハム家族

(ハムスター×4)+(人間×3)=7人家族のスローライフ写真集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんは 天国へ・・・

楽しみにしてくださっていた 皆さん
パソコンの画面を囲むように お友達とにぎわってくれた学校の子ども達



ごめんなさい
赤ちゃんは もぅいません




ちいさな体で プリンママの 精一杯の愛情をそそがれ
とても とても がんばってくれたのですが 今は
ここには いません
たくさんの兄弟とともに・・・  天国へ 向かいました




今日の記事は 詳細なご報告と 精一杯の気持ちをこめて書きますが
書いている私が 泣いているため
悲しい記事になってしまうことは 必至です


            


読んでくださる方は ぜひ ご自身のお気持ちの明るいときに

そして おひさまが見守ってくれる時間に お読みいただければと思います


                        



【以下、追記より・・・ 本文となります】



泣き止んでから書きなさい と 親しくしてくださる皆様から
いわれてしまいそうですが 

泣き顔が止んだとしても 心が泣き止むことはないと思いますので
本日 ご報告をさせてください 





声に出して 自分の気持ちを伝えるのが 苦手な私です
今日の記事は そんな気持ちを 言葉にこめて書きますが
お父にさえ 声に出していえなかった気持ちもあり また
お父にしか わからない表現も あるかも知れません



でも 精一杯 お伝えいたしますので、、
伝わるかな? 伝わるといいな・・・ ``r(^^;)





まず 前述のとおり
我が家に 元気に動き そして愛らしく鳴く
ハムスターの赤ちゃんは おりません


記事でご紹介してこなかった 事実もふくめまして
時間を遡って そして記憶を辿りながら お話したいと思います







5月15日 深夜

この日 ちゅん太とプリンちゃんが 本当に久しぶりとなります
柵なしでの 再会をいたしました
常に寄り添うふたりに 交尾が見られたのは この日だけです


p270.jpg

p271.jpg


翌日からは どんな巣材がいいかなぁ? まるで相談するかのように
ふたりでの巣材探しが はじまりました

これ以降 ちゅん太は 一度の発情もせず
プリンちゃんの行動を真似ての 巣作りの手伝い
プリンちゃんへの毛づくろいなど 支えに徹することになります

以前から 腹を出して寝ることが多いプリンちゃんですが
この時は 同じ格好で でもちゅん太を枕にして よく眠っておりました


また 交尾が15日の深夜だけだったこともあり
(難産でない限りの)出産予定日は すぐにわかりました 






出産予定日が近づくと・・・

私は プリンちゃんのケージ掃除をいたしました
そして ここで 連続妊娠回避のため
いやがるふたりでしたが ケージごと できる限り遠くに離しました

※出産直後のハムスターは、通常時よりも妊娠しやすくなっています。
※出産当日であっても妊娠は可能であり、この時に妊娠させると、出産でかなり弱っている母体に、大ダメージを与えることになってしまいます。




人間により 無理やり離されたふたりからは 大クレームの嵐。。
ちゅん太は 今までプリンちゃんケージへとつながっていた部分に
おしっこを ひっかけ続けました
明らかに プリンちゃんケージへ向かおうと
どんな障害物をも乗り越え 場所を選ばずよじ登り ちゅん太は必死でした

プリンちゃんは 一時 ひとりでの巣作りを拒否
出産間近なのに何もせず 腹出しで 寝まくっておりました






6月1日

チラっと覗くと プリンちゃんケージには
簡易的ではありますが 産室らしい形が 私の目には見えました
安心した私は もぅここから 完全に距離を置くことになります
ちゅん太からのクレームは 依然止みません。。






6月2日 夜

ここから 異変が始まります

プリンちゃんは 巣箱から一切 出てこなくなりました
プリンちゃんが動くかすかな音は 聞こえましたので
私は プリンちゃんの無事を確認するかのように 安心してしまいました

エサ皿を見ると まったく減っておらず・・・
一口も食べていないこと それだけが とても心配でした






6月3日 夜  ちゅん太の異変


ちゅん太まで エサを食べなくなってしまいました


そして突然 ちゅん太が 騒ぎはじめました
いつも立たない場所で 命一杯背を伸ばし
プリンちゃんケージと 私の方を ソワソワと見つめるちゅん太


今までに見たことのない行動が とても気になり
すぐにケージの外へ ちゅん太を出しました
すると 最近は人間の手を避けて行動していたはずなのに
私に へばりついてきました

偶然かと思って身動きとらず見ていると 寝そべっている私の
右手 左手 また右手 そして 右わき腹をつたって両足まで…
自分の体を すりつけてきました

そして私の体を2周したのち 私の左手に
乗って おりて くっついて… まるで左手をひっぱるかのように…



ちゅん太が 私に
何かを 必死に伝えようとしていることは わかりました
でも 何なのかは まったくわかりませんでした



このことを 後日 お父に話すと

ちゅん太は 全部わかっていたんだね

お父は 静かに そう言いました





今考えれば これから書きますことと 辻褄が合うことばかりですが…
私は この時 ひとつも気づいてやれず
今まで人間にとって都合のよい時のみ この子たちの声を
ただ一方的に 聞こうとしてきたであろう
自分の態度を省み 愕然としました






そして同日の 深夜

仕事で夜遅く帰宅したお父の 第一声は
「赤ちゃん鳴いた?プリンちゃん元気?」
その問いに対して 私はただ「わからない」と答えました




本当は わからないわけありません




私は 産室前に不自然に伸びて転がる 胎盤を見ていました
鳴かずとも 難産だった痕跡を 目で耳でいくつも確認していました
そして 不自然な音を聞き
母ハムが巣箱を離れ そしてまた巣箱に戻るときにあるはずであろう
自然な音が 全く聞こえてこないことも わかっていました
プリンちゃんの不自然に血で染まった下腹部まで この目で見ていたんです

悲しい事実を受け入れられず ただ 逃げていただけです



「この状況不自然だよね?」

「確認するよ…?」



そういったお父は すぐに

私が距離を置いていた プリンちゃんケージを 覗きました





そこには





懸命すぎる 母ハム プリンちゃんの姿がありました


産室にこもり 自分の赤ちゃんを抱きしめるプリンちゃん
自分は飲まず食わず でも 母乳をあげようとするプリンちゃん
赤ちゃんを自分のもとへ 必死にたぐり寄せるプリンちゃん

でも その時にはもぅ…

赤ちゃんは 石コロのように 硬くなっていました


プリンちゃんは 自分の赤ちゃんが 既に亡くなっていることは
わかっていたと思います


でも 自分の乳首を吸ってくれるはずの
硬くなった赤ちゃんを ずっと 巣材ごと抱きしめていました
あきらめられない気持ちなのか 弔う気持ちなのかは わかりません

その姿は紛れもなく 自分よりも
ただひたすら子を想う 母親の姿でした



そして お父が 今のいままで プリンちゃんが温め続けた
赤ちゃんたちの 冷たく硬い亡骸を すくい上げると
その瞬間 プリンちゃんは歩き出し エサを食べ 散歩コールまでして…
母ハムから いつものプリンちゃんへと 戻りました






そして翌日 6月4日

私は泣きじゃくりながらも 1番気になっていたことを確かめました
産室は ちゃんと作られていたんだろうか


答えはこうです

産室は ちゃんと作られていませんでした


巣作り名人のプリンちゃんです でも
私が用意した巣材と時間では 全く足りていませんでした
ハムスターの出産に要する 適度な硬さと深さをまるで持たない
ただ1歩で総崩れするという 見た目だけの産室でした



前述のとおり これだけが すべての原因では全くありません
命の誕生には 数限りないドラマがあり
悲しい可能性も 無限大に広がっています



でも 私の用意した産室が使えないものだったという証拠に
実は 我が家には・・・
もうひとつの産室が 存在しました



ちゅん太とプリンちゃんが 時間をかけて一緒に作り上げた
ふたりの産室です



場所は ちょうど2つのケージの真ん中部分
でも ケージの外側にありました

プリンちゃんが 自分のケージの巣作りに集中できるよう
私が一度 撤去したのですが・・・
ふたりを別々のケージに離したあと 同じ場所で
ずっと ちゅん太は ひとりで巣作りを続けていました


c375.jpg


悲しいことに こちらの産室の方が
必要充分な 硬さと深さを備えておりました



そして もうひとつの証拠
プリンちゃんが 出産後初めてとなる 久しぶりの散歩で
初めて自分の足で向かった場所は… ふたりで作った
この 産室の場所でした


ちゅん太が ただひとりで作り上げようとした跡が
今も尚 ここに 残っています


c413.jpg


入り口からは 見えづらいですが
奥に行くにつれて しっかりとかつ弾力もある 素晴らしい産室でした



そして もうひとつの証拠

そっくりなお顔をしている かわいい かわいい
石ころになった 赤ちゃんたち
私はお父ほど しっかりとまだ 看取れてあげていないのですが
プリンちゃんにより しっかりとした
胎盤処理が なされておりました
かわいいおなかに かわいいお手てとあんよも 見えました


ちゅん太とプリンちゃんは アウトブリードの子です
私には安全なラインブリードを行う知識は 今は全く足りません
でも 我が家のこのペアは 遺伝的に安全なペアだったと思います
きっと… いや絶対… 赤ちゃん達は 生きて産まれてきました


そして その体は プリンちゃんが頑張ろうと動こうとするたびに
やわらかな産室の 底へ底へと 沈みこみ
プリンちゃんは 必死に 巣上にいる自分のもとへ
その小さな両手で たぐり寄せようとしていました


私がケージのそばで 聞き続けた
プリンちゃんが巣材をかきわける 不自然な音は
赤ちゃんを 自分の胸に抱きしめたいとする音でした


私が誤解していた
巣材の下に蓄えられたエサを拾う音では 全くなかったわけです
確認してみると、、
エサの貯蔵場所は もっと ずっと手前にありましたから。。





ちゅん太は もぅ巣作りは していません

c412.jpg


この子は すべてを わかっているようです





私は 充分すぎるほど 毎秒頑張り努めたプリンちゃんに対し

がんばれ! と いい続けてしまいました

本当に ごめんなさい。。







そして今







プリンちゃんは 少しだけ血の赤みが残る シッポをふりふり
お散歩をしています
苦しくとも全匹を産み終え おなかは軽くなり とてもスマートです



ちゅん太は
お掃除前の プリンちゃんのトイレで眠っています
(もちろん、現在 同棲はしておりません。)


c414.jpg


この子たちは お互いの匂いがする場所が 落ち着くようです
連続出産の危険を考えたら
今の私には知識も足らず 恐怖ばかりでできませんが
このカップルだったら お互いを支え合い 一緒に子育てができたのかも知れない…
不謹慎な発言で 本当に申し訳ありません
でも タブーを承知で 本心を述べさせていただけるのであれば
この子たちと 毎日過ごしてきた私たちは そう思ってしまいました

※古い書籍などを中心に、ジャンガリアンハムスターは同ケージ内の生涯多頭飼いを推奨する記述がありますが、ケガや死闘が多く、今はその真逆といわれることが多いです。




『マウスは 楽しいときに笑う』ことが アメリカで証明されたそうですね
どの研究員の どの研究成果を信じるかは 人それぞれですが
私は ハムスターにも 心があり 笑顔もあることを信じたいです




ちゅん太くんは
プリンちゃんと そして プリンちゃんとの間に授かった
赤ちゃん達の匂いに寄り添うように 数日ぶりの 横向き寝・・・

c415.jpg

なんだか とっても久しぶりに 熟睡しているちゅん太を 見た気がします





我が家の 赤ちゃんたちは 天国へ・・・

神さまがいるのなら

どうかふたりの子を 迎えてあげてください





ちゅん太くん プリンちゃん

そして 赤ちゃんの誕生を 心待ちにしてくださっていた皆さま

本当に ごめんなさい





そして





一緒に緊張や不安を ともにしてくださった皆さま

本当に ありがとうございました



c416.jpg


本当に 本当に ありがとうございました・・・ 

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

天国で…

お春様。たいへんでしたね。

辛かったでしょう。かわいそうに。
プリンちゃんも、本当にお疲れ様。

どんなに手を尽くしても、天に召されてしまう運命の
命というものも、あります。
自分を責めないでくださいね。

きっとプリンちゃんの赤ちゃんは、あまりにも
かわいかったから、神様がほしくなって
天国につれて行っちゃったんでしょう。

今は、赤ちゃんたちの冥福を祈ります。
お春様が、元気に戻られますように。
急がなくてもいいから、、ゆっくりと。
がんばっているプリンちゃんや、ちゅん太くん
茶すけ君たちのためにv-344

最後のちゅん太くんのお顔が・・・
切なすぎて見てられません・・・

今はどんな言葉も薄っぺらになってしまぃそうで
なんと言っていいのか言葉が見つかりませんが
お春さん、あまりご自分を責められませんように・・・

お春さん、お父サマ、プリンちゃん、ちゅん太くんの
笑顔を待ってます。
今はゆっくり、体と心を休めてくださぃね。

最初にお春さんの心中お察しします
そして謝ることなんてないですよ

お春さん、お父さんをはじめ、わたしも含めこのブログで赤ちゃんを楽しみにしていた人達
ひとりで黙々と産室を作り続けたちゅん太くん
そしてずっと抱いていたプリンちゃん
こんなにも多くの人に望まれた命だったのですから赤ちゃんも幸せものだと思います

お春さん、あまり無理なさらないでくださいね
少しずつ、いつもの穏やかな日常が戻りますように…

そうでしたか、赤ちゃんは天国へ行ってしまいましたか。
ちゅん太くんも、きっと分かっていたのかなと思います。
ハムスターは表情のない生き物ですが、ジャンガリアンハムスターは他のハムより少し、顔に表情があるみたいですね
「マウスは楽しい時に笑う」。そうだと僕もうれしいです。
お春さんの文章を読めば読むほど、ちゅん太君とプリンちゃんは仲良しなんだ、というのが伝わってきます。
お春さんも全然、ごめんなさいする必要は無いと思いますよ。
また1つ大きな事を学ばさせてもらえたのではないでしょうか。
ハム家族を見ている皆さんも何か学んだのではないかな、と思いますよ。少なくとも僕は言葉に出来ないほど大きなものを学ばさせていただきました。
天国でも幸せに生きてほしいですね。天国でも生きるのです。
「お春さんの分も」という訳ではありませんけど、僕も全力でふーこの手助けをしたいと思います。

近状報告です。
昨日エサ箱の上で何か動いていました
ビックリして、部屋の電気をつけると、赤ちゃんが2匹そろってゼリーを食べていました^^
今まで動画とかブログとかでしか、ハムの赤ちゃんを見なかったので生の赤ちゃんハムを見て凄い感動です
赤ちゃんはお菓子のおまけみたいで、ホント凄く小さいですね。
巣箱を除いたりしなかったので、これまで赤ちゃんハムは1ミリとも見ませんでした。
けど今回、体全部をいっきに見ました。毛もほとんど生え揃ってました。目も5割くらい開いてます。
まだ2匹しか見ていませんが、カラーは1匹はパールホワイト、もう1匹はノーマルカラー?ですね。
ふーこもよく頑張ってるなと思います。
そういえば、前のお春さんのお返事を読んで、赤ちゃんハムの鳴き声は変わってくる。との事でしたが
やはり鳴いていたのは赤ちゃんでしたね。お春さんさすがです。
ふーこの「ジー」って声に似てましたけど、ふーこがトイレにいる時に、巣箱から「ジー」と聞こえたので、赤ちゃんの鳴き声確定です。
それでは引き続きお世話頑張ります。お春さんもお世話頑張りましょう^^!!

残念です。
が、いろいろな状況が重なって、上手くいかなかったのでしょうね…
こう言ってはいけないとは思いますが、ワタシは、プリンちゃんが無事で良かった、と、正直、思いました。
プリンちゃんも、ちゅん太くんも、お春さんもお父さんも、皆よく頑張りましたね。
本当に、大変でしたね。
ワタシも、この記事を読んで、ちゅん太くんとプリンちゃんなら、一緒に子育て出来るんじゃないだろうか、と思いました。
他にもいろいろ言いたい事があるんですが、上手くまとまらないのでまたにします。
本当に、残念でした…

ごめんなさい…。何も言えません…。
プリンちゃんの健気な姿にとめどなく涙が出てきます。
プリンちゃん、お疲れ様。よく頑張ったね!としか…

お春さん、元気を出してください。私は出産をさせた経験もなく
大変さもわかりませんが、悲しみだけは十分伝わってます。
天国の神様…。いてくれますよね…。
赤ちゃんを迎えてあげてください。

こんばんは。
私も動揺してうまく表現出来なかったらゴメンなさい。

この度、赤ちゃん残念でしたね。あまりご自身を責めないでくださいね。

「もし、ああしてたら…」は結果論です。お春さんの取った行動が正しかったか間違ってたかはわかりません。仮に別の事をしてたら…もっと悲しい結果だったかもしれません。

プリンちゃんが無事だっただけでも少し安心しました。

私も同じ状況だったら、自分を責めるかも。泣いて、泣いて、目が開かなくなるまで泣くと思います。すぐには立ち直ることは出来ないかもしれませんが残されたちゅん太君、プリンちゃん、茶すけ君+茶すけJr.ちゃん達のためにも早く元気になってくださいね。

生意気言ってごめんなさい。でも、いつものお春さんが大好きです。(←あぁ、誤解のないよーに人としてですよ

こんばんは はじめまして

いつも子供たちと楽しくブログを拝見させていただいております

ブログへのコメント書き込みの経験が無いので
失礼がありましたらごめんなさい

私と子供達、ぷりんちゃんの出産をとても楽しみにしていましたので、今回の記事を拝見し親子で泣いてしまいました

私達が泣いたところで何かが解決するわけでは無い事は重々承知なのですが、あふれ出る涙は止まりませんでした

今までの記事を読んで、私もちゅん太くんとプリンちゃんなら、一緒に子育て出来るんじゃないだろうかと思いました。

人間でもこれほどにお互いを思いやり愛しんでいる夫婦は早々いないと思います

まだしばらくの間は管理者様のお気持ちが悲しみから立ち直れないことと思います。

赤ちゃんを産ますためだけにに今回の同棲を始めた訳ではない事は重々承知しております

イチ 春夏秋冬 ハム家族 ファンの声として、お互いを求め続けるちゅん太くんとぷりんちゃんをまたいつの日か、お互いのぬくもりを肌で感じあえる距離にと願うばかりです






 

Re: oharu です。_・)

皆さんの貴重なお時間を いただきまして…
このひたすら長く、そしてまとまりのない文章を読んで頂き
感謝の気持ちでいっぱいです。。

勇気をもって、初めてのコメントをくださった方までいらっしゃり…
本当に、ありがとうございます☆
今はただ、すべての出会いに、感謝いたします。

充分な時間と、精一杯の気持ちを込めて、
おひとり、おひとりに、必ずお返事をさせていただきます。
ただ、まだ傍におります動かずもかわいい赤ちゃんたちを、愛情をもって見送ることができるまで… いましばらくお返事をお待ちください。v-436


こんな時、なにをいったらいいのでしょう・・・
文章が見つからないのが、もどかしいのですが、足りない頭で考える中
思い浮かぶのは、ありがとうの言葉です。


v-352 本当に いつもありがとうございます v-352


(;_______;)。。
悲しみの涙をお誘いしてしまっております感がドカン!とありまくり、
大変申し訳ないのですが、いつもお世話になりますことを感謝しますと共に
皆さんにこそ、幸せあれ!と、願っておりますことは、真でございます。
ぜひ、私の分まで 笑ってください!! ヽ(‘ ▽‘ )ノ


Laugh is the beginning of happiness.

ですからネv-485 (゚Д゚)ノ ハイ!

お久しぶりです。
私がココに来れない間にこんなにいろんなことがあっていたのですね。

ちゅん太くんとプリンちゃんはとても相性がいいのですね。
お互いの気持ちが写真を見てたら、すごくよく分かります。
そして、赤ちゃんに対する気持ちも。

2匹で作った産室は、かけがえのないものですよね。
お互いの「愛」がすごくすごく感じ取れます。
赤ちゃんも今頃お空で、ちゅん太くんやプリンちゃんの様子を見てると思います。
2匹の幸せを願ってると思いますよ^^

これからも仲良く支えあって、頑張ってくださいe-53

短文でごめんなさい・・・。

何と声を掛けたら良いかわからず・・・コメント遅くなってしまってごめんなさい。

赤ちゃんの事は、本当に残念でしたけど・・・でも、プリンちゃんだけでも無事でいてくれた事は不幸中の幸いだったと思います。

そのまま、お春さん達がプリンちゃん達をそっとしておいたままだったら・・・飲まず食わずで頑張ってたプリンちゃんの命も危なかったかも知れないですから・・・。

どうか、先日の日記のコメントでも書きましたが、どうかご自分をあまり責めないで下さいね。

茶すけ君達のベビーは元気に生まれてくれるといいですね。

Re: えむちゃんのママさん アールくん えむちゃん

> お春様。たいへんでしたね。
>
> 辛かったでしょう。かわいそうに。
> プリンちゃんも、本当にお疲れ様。
>
> どんなに手を尽くしても、天に召されてしまう運命の
> 命というものも、あります。
> 自分を責めないでくださいね。
>
> きっとプリンちゃんの赤ちゃんは、あまりにも
> かわいかったから、神様がほしくなって
> 天国につれて行っちゃったんでしょう。
>
> 今は、赤ちゃんたちの冥福を祈ります。
> お春様が、元気に戻られますように。
> 急がなくてもいいから、、ゆっくりと。
> がんばっているプリンちゃんや、ちゅん太くん
> 茶すけ君たちのためにv-344



ママさん、本当にありがとうございます。
そして、きっとそばにいらっしゃるアールくん、えむちゃんも、
楽しみにしてくれた赤ちゃん… 見せられなくて本当にごめんね。
アールくんが、「プリンちゃんの赤ちゃん生まれたかなぁ?」そうママに言って楽しみにしてくれた日、赤ちゃんは産まれていました。
プリンちゃん、とってもがんばってくれたんですよ☆
応援してくれて、一緒に楽しみにしてくれてありがとう♪o(*^▽^*)o

いくつもの状況が重なり、赤ちゃんは亡くなってしまいました。
でも、ふたごちゃんのようにそっくりな子がいました^^
ケージの底でね、くっつくように一緒にいたんだよ (*'ー'*人*'ー'*♪
今も呼吸をして、少しずつ大きくなってくれていたら、
つぶちゃんこしちゃんみたいにそっくりさんだったかも知れないね☆

人間が動物にしてあげられること、してあげられないこと、
たくさんあるけれど、大切な命が喜んでくれるのであれば
してあげられるたくさんのことを、これからも私は勉強していきたいと思います。
いつかハムちゃんの赤ちゃんをお家で迎えたいと思っているえむちゃん
これからも、一緒にいろんなことを学んでいきたいね♪

ちゅん太もプリンちゃんも、今日も元気にしています。
とても、とてもありがたいことです(〃⌒ー⌒〃)
つぶちゃん、こしちゃんも元気かな?(’▽’*)

Re: みぃたSUN

> 最後のちゅん太くんのお顔が・・・
> 切なすぎて見てられません・・・
>
> 今はどんな言葉も薄っぺらになってしまぃそうで
> なんと言っていいのか言葉が見つかりませんが
> お春さん、あまりご自分を責められませんように・・・
>
> お春さん、お父サマ、プリンちゃん、ちゅん太くんの
> 笑顔を待ってます。
> 今はゆっくり、体と心を休めてくださぃね。


みぃたさん、ありがとう☆
メールも全然気づけず・・・ 本当にごめんなさい!(;_______;)
人間とおハムさん達との理想の距離、またわからなくなってしまいました。``r(^^;)
私はあんまりお触りをしない方なのですが、触れ合いたい子ももちろんいますよね。。

週末、プリンちゃんがお父にベッタリでした。
ゲームしてるお父のすね毛で遊んで、ひざにのって、
産後ほっそりしたこともあり、幼い頃のプリンちゃんのようで可愛かったです。
(ノェ) 今はひっくり返って爆睡しておりますょ。

この後、ふたりの産室は、速やかに撤去されました。
誰が撤去したって・・・ プリンちゃんご本人です。。
私はいつも、プリンちゃんにおんぶに抱っこな気がします(:_;)。。

撤去中のプリンちゃん、
ファサ~っと白い翼をなびかせているようで、本当に天使に見えました。
本当に可愛くも、ステキな子たちです^^

Re: アユミーヌ

> 最初にお春さんの心中お察しします
> そして謝ることなんてないですよ
>
> お春さん、お父さんをはじめ、わたしも含めこのブログで赤ちゃんを楽しみにしていた人達
> ひとりで黙々と産室を作り続けたちゅん太くん
> そしてずっと抱いていたプリンちゃん
> こんなにも多くの人に望まれた命だったのですから赤ちゃんも幸せものだと思います
>
> お春さん、あまり無理なさらないでくださいね
> 少しずつ、いつもの穏やかな日常が戻りますように…


アユミさん、コメントありがとうございます。
きっと忙しい毎日を送っているよね?そんな中、私に温かい言葉を贈ってくださりありがとうございました。アユミーヌも試験がんばれよー!なんて、もぅミーヌは受験しないのかw``r(^^;)

今も目の前におりますちゅん太とプリンちゃんのためにも、
私は泣いてばかりはいられないわけで、無理やりガハー!と笑ったりもしましたが、ずーっと鳴き止まない真夏のセミたちのように、赤ちゃんの鳴き声が私の頭から離れませんでした。
今も頭痛は止みませんが、赤ちゃんの鳴き声(幻聴?)は、不思議なことに日曜日に止んだようです。

産室はプリンちゃんが自分で片付けてくれました。
もしかして気遣ってもらっちゃったかな・・・ごめんなさい。(;_______;)

うちのブログ… 気づけば1日千アクセスですって。。
その中には、心からこの子たちの無事と、赤ちゃんの誕生を祈ってくださった方がたくさんいらっしゃると思います。
アユミさんがおっしゃるように、たくさんの人たちに温かく迎えられ、
とてもありがたく、幸せなことだと改めて実感させられます・・・☆

Re: ふーくん

> そうでしたか、赤ちゃんは天国へ行ってしまいましたか。
> ちゅん太くんも、きっと分かっていたのかなと思います。
> ハムスターは表情のない生き物ですが、ジャンガリアンハムスターは他のハムより少し、顔に表情があるみたいですね
> 「マウスは楽しい時に笑う」。そうだと僕もうれしいです。
> お春さんの文章を読めば読むほど、ちゅん太君とプリンちゃんは仲良しなんだ、というのが伝わってきます。
> お春さんも全然、ごめんなさいする必要は無いと思いますよ。
> また1つ大きな事を学ばさせてもらえたのではないでしょうか。
> ハム家族を見ている皆さんも何か学んだのではないかな、と思いますよ。少なくとも僕は言葉に出来ないほど大きなものを学ばさせていただきました。
> 天国でも幸せに生きてほしいですね。天国でも生きるのです。
> 「お春さんの分も」という訳ではありませんけど、僕も全力でふーこの手助けをしたいと思います。
>
> 近状報告です。
> 昨日エサ箱の上で何か動いていました
> ビックリして、部屋の電気をつけると、赤ちゃんが2匹そろってゼリーを食べていました^^
> 今まで動画とかブログとかでしか、ハムの赤ちゃんを見なかったので生の赤ちゃんハムを見て凄い感動です
> 赤ちゃんはお菓子のおまけみたいで、ホント凄く小さいですね。
> 巣箱を除いたりしなかったので、これまで赤ちゃんハムは1ミリとも見ませんでした。
> けど今回、体全部をいっきに見ました。毛もほとんど生え揃ってました。目も5割くらい開いてます。
> まだ2匹しか見ていませんが、カラーは1匹はパールホワイト、もう1匹はノーマルカラー?ですね。
> ふーこもよく頑張ってるなと思います。
> そういえば、前のお春さんのお返事を読んで、赤ちゃんハムの鳴き声は変わってくる。との事でしたが
> やはり鳴いていたのは赤ちゃんでしたね。お春さんさすがです。
> ふーこの「ジー」って声に似てましたけど、ふーこがトイレにいる時に、巣箱から「ジー」と聞こえたので、赤ちゃんの鳴き声確定です。
> それでは引き続きお世話頑張ります。お春さんもお世話頑張りましょう^^!!


ふーくん、ありがとう!
ふーくんの明るさに、今回も元気をもらってるよ私!
ハムさん達にも、みんなにも、大変申し訳ないことをしてしまったけれども、
こうして… 消える命があり、時を同じくして誕生する命があり、
命って不思議だよね。。

ふーくん宅の赤ちゃんは何日目を迎えたんだろう?
ママからの威嚇があったらそれは心配だけど、兄弟げんかは力の加減を知るのに大切だから、たのしく元気にケンカさせてあげてねw
よかったら参考になるかな?チビ茶すけのケンカだよ^^
http://hamkazoku.blog99.fc2.com/blog-entry-103.html

Re: まんまるまりんさん

> 残念です。
> が、いろいろな状況が重なって、上手くいかなかったのでしょうね…
> こう言ってはいけないとは思いますが、ワタシは、プリンちゃんが無事で良かった、と、正直、思いました。
> プリンちゃんも、ちゅん太くんも、お春さんもお父さんも、皆よく頑張りましたね。
> 本当に、大変でしたね。
> ワタシも、この記事を読んで、ちゅん太くんとプリンちゃんなら、一緒に子育て出来るんじゃないだろうか、と思いました。
> 他にもいろいろ言いたい事があるんですが、上手くまとまらないのでまたにします。
> 本当に、残念でした…


まんまるまりんさん、ありがとうございました。
メールまで^^ 優しいお心遣いにどう感謝したらよいのかと・・・
ハムスターって、性成熟をむかえたらどの子も他ハムに対して緊張するのだと思いますが、ちゅん太とプリンちゃんは若い頃からいるせいか、とても仲が良いです。
茶すけに対しては、どちらも恐ろしいほどの威嚇をするんですけどね。。``r(^^;)

ちゅん太がプリンちゃんに夢中になったのは、プリンちゃんを迎えたその当日でした。
プリンちゃんが我が家に入ってすぐ発情していましたから… 若かったのにw

今でこそ仲が悪いちゅん太と茶すけも、茶すけが幼い頃はちゃんと幼ハム認識できていましたたので、ちゅん太パパと茶すけの写真はあるんですよ^^
そしてプリンちゃんが元気でいてくれること、これこそ本当にありがたいことだと感謝しなければなりませんね☆ありがとうございます!

Re: koedaさん

> ごめんなさい…。何も言えません…。
> プリンちゃんの健気な姿にとめどなく涙が出てきます。
> プリンちゃん、お疲れ様。よく頑張ったね!としか…
>
> お春さん、元気を出してください。私は出産をさせた経験もなく
> 大変さもわかりませんが、悲しみだけは十分伝わってます。
> 天国の神様…。いてくれますよね…。
> 赤ちゃんを迎えてあげてください。


koedaさん、ありがとうございます。
悲しみの涙を誘ってしまい本当に申し訳ありません。
私も泣きすぎてどこまでが自分のまぶた?でどこからが目なのか?よくわからなくなったくらいですw 自責の念100%ですね・・・``r(^^;)

思い出は消えるものではなく、重ねていくものだと思うので、
これからこの悲しみの上に、この子たちの少しでも楽しいと思える思い出を重ねていけるように、がんばります☆

最近のプリンちゃんは、自分で産室を撤去しまして、
お父と戯れて遊んでいます。ほっそりスマートになり、元気でかわいいです^^

Re: ちんばーさん

> こんばんは。
> 私も動揺してうまく表現出来なかったらゴメンなさい。
>
> この度、赤ちゃん残念でしたね。あまりご自身を責めないでくださいね。
>
> 「もし、ああしてたら…」は結果論です。お春さんの取った行動が正しかったか間違ってたかはわかりません。仮に別の事をしてたら…もっと悲しい結果だったかもしれません。
>
> プリンちゃんが無事だっただけでも少し安心しました。
>
> 私も同じ状況だったら、自分を責めるかも。泣いて、泣いて、目が開かなくなるまで泣くと思います。すぐには立ち直ることは出来ないかもしれませんが残されたちゅん太君、プリンちゃん、茶すけ君+茶すけJr.ちゃん達のためにも早く元気になってくださいね。
>
> 生意気言ってごめんなさい。でも、いつものお春さんが大好きです。(←あぁ、誤解のないよーに人としてですよ


ちんばーさん、ありがとうございます!
自分でいうのも変な話ですが、、私も泣いてる自分よりも、元気にな自分の方が好きですwΣ(ノ∀`。)ペチッ
1番悲しい思いをしたであろうプリンちゃんが、私を励ましてくれている気がしまして、本当に申し訳なさ極まってます。。Σ(|||▽||| )

私が産室を見て泣き続けていたら、サッサと撤去してくれちゃいました。。
週末からちゅん太もプリンちゃんも私たちにベッタリ。
特にプリンちゃんはお父にベッタリですw
思いっきり距離を置かれるかと思っていたので少し動揺しております。``r(^^;)

ちんばーさんのうさちゃんはその後どうですか?
新しい環境に、少し落ち着かれた頃でしょうか♪^^

Re: 春夏秋冬 ハム家族ファンさん

> こんばんは はじめまして
>
> いつも子供たちと楽しくブログを拝見させていただいております
>
> ブログへのコメント書き込みの経験が無いので
> 失礼がありましたらごめんなさい
>
> 私と子供達、ぷりんちゃんの出産をとても楽しみにしていましたので、今回の記事を拝見し親子で泣いてしまいました
>
> 私達が泣いたところで何かが解決するわけでは無い事は重々承知なのですが、あふれ出る涙は止まりませんでした
>
> 今までの記事を読んで、私もちゅん太くんとプリンちゃんなら、一緒に子育て出来るんじゃないだろうかと思いました。
>
> 人間でもこれほどにお互いを思いやり愛しんでいる夫婦は早々いないと思います
>
> まだしばらくの間は管理者様のお気持ちが悲しみから立ち直れないことと思います。
>
> 赤ちゃんを産ますためだけにに今回の同棲を始めた訳ではない事は重々承知しております
>
> イチ 春夏秋冬 ハム家族 ファンの声として、お互いを求め続けるちゅん太くんとぷりんちゃんをまたいつの日か、お互いのぬくもりを肌で感じあえる距離にと願うばかりです


はじめまして、お春と申します☆^^
初めてのコメントを・・・ 本当に感激です。ありがとうございます。
私も今はこうしてブログをさせて頂いておりますが、体が悪い時期は特に「見る、読む専門」でして、コメントをすることは緊張してなかなかできなかったんです。
今でも自分からはほとんどせず、ひたすら待ちだったりしますw``r(^^;)

こうして、とても温かいお言葉をくださり、ありがとうございました。
ご家族の皆さんで見てくださっていたとのこと… 一緒に楽しみにしてくださった感謝の気持ちはもちろん、それに勝るのは、このような結果になってしまったことの申し訳なさです。
お子様は、おいくつでいらっしゃるのでしょうか…
かわいい赤ちゃんをお見せできず、ご期待に添えず、本当に、本当に、ごめんなさい。

そして、ちゅん太とプリンちゃんの今後のことも考えてくださり、
なんと申し上げたらよいのか・・・ ありがとうございます。

私も、この子たちがどうにかして一緒に過ごせる条件はないかといつも探しているような気持ちでおります。
ある年齢を過ぎたら、生涯安全なペア飼育が可能だという話もあり、そこに乗っかりたい気持ちはあれど、真逆の3歳でも妊娠説(母体に悪影響必然)があることも事実であり・・・
この子たちの気持ちはもちろん、体のことも考えるとどうするのがベストなのかいつも悩んで立ち止まってしまいます。

現在うちのお父は、プリンちゃんの母体を考えてもう一度会わせることは反対だそうです。
この子が産前の健康体に戻るのはそう遅くはないと思います。
ただ、筋力も弱っているようですので、他にも考えてあげなければいけないことがありそうです。
悔しいほど自分の知識不足が否めませんが、この子たちにとって望ましい環境を用意してあげたい・・・そう強く思っております☆

Re: らいむさん

> お久しぶりです。
> 私がココに来れない間にこんなにいろんなことがあっていたのですね。
>
> ちゅん太くんとプリンちゃんはとても相性がいいのですね。
> お互いの気持ちが写真を見てたら、すごくよく分かります。
> そして、赤ちゃんに対する気持ちも。
>
> 2匹で作った産室は、かけがえのないものですよね。
> お互いの「愛」がすごくすごく感じ取れます。
> 赤ちゃんも今頃お空で、ちゅん太くんやプリンちゃんの様子を見てると思います。
> 2匹の幸せを願ってると思いますよ^^
>
> これからも仲良く支えあって、頑張ってくださいe-53
>
> 短文でごめんなさい・・・。


らいむさん、ありがとうございます☆
お久しぶりになりますというのに、こんなご報告で申し訳ありません。
らいむさんもお元気でいらっしゃいましたか?
少しというか… だいぶ気になっておりました。
こんな私がいうのもおかしい話ですが、どうかご無理なさらずにね☆

ちゅん太とプリンちゃんは仲がいいです。とてもいいんだと思います。
もちろんプリンちゃんは全く威嚇しない子でも、鳴かない子でもありません。
でも、ちゅん太のことは大好きなようです``r(^^;)

今はお父にも夢中なように見えますw
この数日間で、今まで見たことのないちゅん太とプリンちゃんの姿を見ることができました。ちゅん太はこんなにも気遣いできる子だったんだなぁ・・・とか。
プリンちゃんが通ろうとすれば、パイプで寝ててもどいてあげてましたw

まだまだ知らない一面やこの子たちからの要望がたくさんありそうです。
1つでも気づいてあげられる人間になりたいなぁと思います☆

Re: hikariさん

> 何と声を掛けたら良いかわからず・・・コメント遅くなってしまってごめんなさい。
>
> 赤ちゃんの事は、本当に残念でしたけど・・・でも、プリンちゃんだけでも無事でいてくれた事は不幸中の幸いだったと思います。
>
> そのまま、お春さん達がプリンちゃん達をそっとしておいたままだったら・・・飲まず食わずで頑張ってたプリンちゃんの命も危なかったかも知れないですから・・・。
>
> どうか、先日の日記のコメントでも書きましたが、どうかご自分をあまり責めないで下さいね。
>
> 茶すけ君達のベビーは元気に生まれてくれるといいですね。


hikariさん、ありがとう☆
大変に気を遣わせてしまって、ごめんなさい。(:_;)。。
産後のプリンちゃんは、とても元気です。
体重も体型も、運動量も・・・産前よりも好調な様子です。
ただ、大きな疲れは残っていると思いますので、見えない産後の体内のようすも観察しながらそばで過ごしていきたいと思います。

まろんちゃんの容態が気になっています。。
体重の増減が止まり、出産日も越えているようで・・・
しろんさんのご体調やお気持ちが気になります。。

いまさらですし、自分がコメントしていいのか不安ですが……
一応、コメントを書かせていただきますね。

あまり、自分を責めないでくださいね?
自分を責めてばっかりだと、きっと赤ちゃんも悲しんじゃうでしょうし……
こう言ったらいけないかもしれませんが、プリンちゃんが無事で本当に良かったです。
立ち直るのは難しいでしょうが、元気を出してくださいね(^^)
ハムちゃん達も、それが一番嬉しいと思います♪

中学一年生の戯言でした。
お気を悪くなさったらごめんなさい。

Re: なつみさん

> いまさらですし、自分がコメントしていいのか不安ですが……
> 一応、コメントを書かせていただきますね。
>
> あまり、自分を責めないでくださいね?
> 自分を責めてばっかりだと、きっと赤ちゃんも悲しんじゃうでしょうし……
> こう言ったらいけないかもしれませんが、プリンちゃんが無事で本当に良かったです。
> 立ち直るのは難しいでしょうが、元気を出してくださいね(^^)
> ハムちゃん達も、それが一番嬉しいと思います♪
>
> 中学一年生の戯言でした。
> お気を悪くなさったらごめんなさい。


なつみさん、ありがとうございます☆
コメントをくださるまで、色々と悩ませてしまったと思います。
本当にごめんなさい!
でも、やさしいなつみさんのお心遣いがすごい伝わってきます。
とてもありがたいです(〃⌒ー⌒〃)

なつみさん、中学生になられたのですね!
少し遅れてしまい申し訳ありません。
ご進学おめでとうございますヽ(*^∇^*)ノ*:・'゜☆

いつも温かいコメントをくださり、
私はなつみさんのことを小学生だとは思えずにおりました。
今でも素晴らしいお人であり、将来はどのような道に進まれるのでしょう。
本当に悲しみに暮れるばかりでは、誰にも何も伝わりませんね。
ありがとうございます。
私なりに力不足ながらがんばってみようと思います♪

なつみさんも、どうか新生活がよいものとなりますように☆
三十路のおばちゃんですが、私はなつみさんを応援しておりますよ^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ママさん

ママさん、お返事をいただきありがとうございます☆
心から、いつもいつも、ありがとうございます。

そうだったのですね…
本当に、命の誕生はいろいろなドラマがあり、そして必ずどの命の誕生も、誰かに喜ばれるものであって欲しいです。

すみませんだなんて、とんでもないです。
逆に、とても嬉しく感じました。
私も、いろんなことを考えさせられました。いつも学ばされます。
大切な命ひとつひとつ全てに、感謝しきれないですね・・・♪

http://hamuphoto.blog102.fc2.com/

お春さま、
はじめまして、コメントありがとうございます。
どこにコメしようか迷ったあげく結局この記事にしてしまいます。
私も他の方のブログにはマメにいっていないのでいつも読み逃げで・・・
お春さんと同じくランキングを見ていたら赤ちゃんに関する件名だったので読みにきていました。
確かにこの記事を見ていた頃にちょうど出産だったようで全然泣かない赤ちゃんでしたのでプリンちゃんの赤ちゃんと同じなのかな・・・と思っていました。
でも申し訳なく思うなんてとんでもないです。
ウチもアウトブリードの出産で初めての経験でしたし、これが最初で最後の出産と思っていて望んだことなので私自身が神経質になっていたこともあります。
ネットでの赤ちゃん情報はうまくいっているものばかりを読んでいたので、こういうことがあるんだ・・・ととても悲しく思いました。

記事をさかのぼって読んだら結婚も出産も日にちも近かったのでとても人ゴトとは思えず、この記事を読んだ時もコメントをしようかどうかもすごく迷いましたが悲しみの中かえって気を悪くされたら・・・と思いやめました。
本当に悲しい結果になってしまって残念です。
お友達のところでも悲しいことがあったのですね・・・重ね重ね残念です。
ウチは生後5日目でやっと少し声を聞くことができています。
6匹の赤ちゃんたちもみんな元気です。
お春さんも悲しみを乗り越えてがんばってください。
やさしい楽しいパパさんがそばにいるようでよかったですね。
また遊びにきます。

Re: のりまきさん

> お春さま、
> はじめまして、コメントありがとうございます。
> どこにコメしようか迷ったあげく結局この記事にしてしまいます。
> 私も他の方のブログにはマメにいっていないのでいつも読み逃げで・・・
> お春さんと同じくランキングを見ていたら赤ちゃんに関する件名だったので読みにきていました。
> 確かにこの記事を見ていた頃にちょうど出産だったようで全然泣かない赤ちゃんでしたのでプリンちゃんの赤ちゃんと同じなのかな・・・と思っていました。
> でも申し訳なく思うなんてとんでもないです。
> ウチもアウトブリードの出産で初めての経験でしたし、これが最初で最後の出産と思っていて望んだことなので私自身が神経質になっていたこともあります。
> ネットでの赤ちゃん情報はうまくいっているものばかりを読んでいたので、こういうことがあるんだ・・・ととても悲しく思いました。
>
> 記事をさかのぼって読んだら結婚も出産も日にちも近かったのでとても人ゴトとは思えず、この記事を読んだ時もコメントをしようかどうかもすごく迷いましたが悲しみの中かえって気を悪くされたら・・・と思いやめました。
> 本当に悲しい結果になってしまって残念です。
> お友達のところでも悲しいことがあったのですね・・・重ね重ね残念です。
> ウチは生後5日目でやっと少し声を聞くことができています。
> 6匹の赤ちゃんたちもみんな元気です。
> お春さんも悲しみを乗り越えてがんばってください。
> やさしい楽しいパパさんがそばにいるようでよかったですね。
> また遊びにきます。


のりまきさん、ありがとうございます☆
コメントを読ませていただきまして、私たちもしかしたら同じ気持ちでいたのではないかな・・・というような気がいたしました^^
私も、偶然ブログ村でお見かけしまして、何気なく寄った記事が
気になってしまって、気になってしまって…
でも、かえって気を悪くされたら、、とコメをしようかしまいか悩んでおりました。

本当に同じ状況、人ごととは思えませんでした。Σ(ノ∀`。)ペチッ

そして、いろんな気持ちも時期を同じくしまして、
のりまきさんの赤ちゃんがご無事で、健康でいらっしゃることを知り
泣いてしまいました。これは、嬉しい感激の涙の方です。

不幸の連鎖は止まってくれたようです。
本当に、本当に、安心しました^^

私も、ぜひまた遊びに行かせてください☆
新着記事や写真でいろんなところにお邪魔させてもらっては、
皆さんのハムさん写真をながめさせてもらっています^^
のりまきさんのブログは今回初めてお邪魔させていただきました♪
これも何かの縁かも知れませんねo(*^▽^*)o
これからも、どうぞよろしくお願いいたします!(*´ェ`*)ポッ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Welcome♪




ハムスターブログ村

色付きアスタリスク-6s*Violet(白-薄い背景用) †SbWebs†   色付きアスタリスク-6s*Violet(白-薄い背景用) †SbWebs†   色付きアスタリスク-6s*Violet(白-薄い背景用) †SbWebs†

ご来訪ありがとうございます
どうぞ ごゆるりと…  

葉っぱ ご挨拶  葉っぱ
(ときどき クリック 更新します)

家族紹介


09.7/12生 ちゅん太


09.7/17生 プリンちゃん


09.10/15生 茶すけ


10.11/12生 トントン

家系図はコチラです

お父(おとぅ) ♂
ベランダと仲良しな愛煙家

お母(おかぁ) ♀
長年小動物と暮らすAround30

ハムス(お友達) 時々登場
アザラシの赤ちゃん かお

author: お春(=お母)

Translation(自動翻訳)

過去ログ +

2015年 03月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【2件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【11件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【10件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【19件】
2010年 10月 【2件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【49件】
2010年 05月 【58件】
2010年 04月 【53件】
2010年 03月 【34件】
2010年 02月 【27件】
2010年 01月 【34件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【29件】
2009年 10月 【32件】

検索フォーム





我が家のハムグッズ


蚕室 産室に推奨

¥1100
→ 使用感はコチラ


普段から愛用

¥515
→ 使用感はコチラ


現在使用中

¥298
→ おすすめの理由


普段はエサ箱
icon icon
¥1433
→ 大きさ比較実験室
→ 驚愕?噂の梱包記


全世界お母感動!
iconicon
¥1260
大人向け飼育本


我が家のチモちゃん
生チモシー
¥480


 底値比較表 
(ときどき クリック 更新します)


QRコード

QR

愛用してるショップさん


→ 我が家の利用レポート
その2 その3 

 
→ 我が家の利用レポート
その2 その3


→ 初回はおためしセットから


      




フリーエリア







現在の閲覧者さま


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。